引越に必要なダンボール、不要なダンボール

・今って意外とダンボールの確保が大変

つい先日に引越がやっと終わりホッと胸をなでおろしております。
引越がきまってからの数カ月は毎日がホントどたばたした日々の連続でもう思い出したくもないほどです。
前回引越を行った際から比べると家族が2人増えた分引越荷物もぐぅんと増えたわけでして、自分がまずあくせく行ったのが梱包材になるダンボールの確保でございました。

大きなダンボールというとすぐに連想できるのが冷蔵庫やテレビなどを扱う家電量販店。
きっとお願いすればスグにダンボールなんか集まると思っていたのですが自分の見込みの甘さに後悔することに。
引越シーズンにはこうした家電量販店もお客様に優先的にこうしたダンボールを回すのが恒例になっているのかカンタンには貰えないのですよね。

また近年はテレビなどは薄型化されていることもあり、こうした細長いダンボールなどはもらっても引越の梱包には・・・使えないですよね。

引越しのダンボール

家電店に頼めばカンタンにダンボール確保ができると思い込んでいた目論見がカンタンに粉砕されてしまったために、日々ダンボールを溜めていく作戦に変更、スーパーでの買い物はできる限り箱売りをしているディスカウントストアを利用してダンボール集めを開始したのですが・・思ったよりも集まらない惨たんたる結果になりました。

・今までの苦労はなんだったの?というダンボールサービス

このことを主人に相談したところ「引越屋に頼めばダンボールはタダでくれるぞ」とのこと。
何でそれを早く言ってくれなかったのよ!と無知を棚にあげてプンスカ怒ってみる自分。

ダンボール収集は中止して次のステップである引越業者選定へ、今回は「勉強しまっせ!」の引っ越しのサカイを利用することに決定。
早速、これまでの懸念材料であったダンボールの件を営業の方にきいてみますと「どのぐらいご入り用ですか? 車に積んである分でしたら今すぐ置いていけますが」と即答をいただきました。

その営業の方が持ってきたのはパンダの描かれたカワイイダンボール、なにこれズルイ!「宮城沖産するめいか」みたいなダンボールは即日処分いたしました。

しかも足りない分はいくらでも無料でもってきてくれるとの事、さらに引越完了後には段ボールは回収してくれるサービスもあり至れり尽くせりじゃないですか。

あまりにダンボールがかわいいので1つぐらいは残しておいてもよかったかなと後悔しました。
段ボールが無料っていうのはもはや当たり前の世界だったのですね、無知っていうのはホントに罪。
ちなみにサカイ引越センターの営業さんの話ではこうしたサービスを日本で最初に始めたのがこの会社らしいということでした。

カップルで温泉に行くなら?

カップルで温泉にと考えているのであれば、いくつかチェックしておきたい部分があります。
双方共に温泉好きか、それとも単に旅行の一環という事で温泉に行きたいのか。
これによって選ぶべき温泉は変わってきます。双方共に温泉が空きだというのであれば、泉質にこだわるべきです。

「入れれば良い」ではなく、どのような温泉なのか。
ここまでこだわるべきでしょう。
ですが、そこまでではなく、とりあえず二人で旅行がてら温泉にと考えているのであれば、家族風呂や貸し切り風呂があるかどうかも調べておくと良いです。

貸し切り風呂があると、カップル二人で一緒にお風呂に入る事が出来るのです。
普段なかなか一緒にお風呂に入る機会がないカップルはもちろんですが、広々とした温泉に二人で入るのは、何よりのリラックスになりますので、とても素晴らしい時間となります。

温泉が好きな場合、貸し切り風呂よりもそれぞれ泉質にこだわりたいと考えるはずですので、貸し切り風呂や家族風呂よりも、どのような効能があるのかをチェックした上で足を運ぶべき温泉を調べるべきです。
このように、温泉の楽しみ方は様々です。

いろいろな形で楽しみたいと思っている人が多いのも温泉ならではです。
泉質そのものを楽しみたいのか、あるいはカップルで行くというシチュエーションそのものを楽しみたいのか。
予算との兼ね合いがあるのももちろんですが、温泉施設も様々なものがあります。

効能・泉質を売りにしている所もあれば、大浴場を売りにしている所もありますし、それこそ施設そのものがアミューズメントパークとなっていて、入浴だけではなく、それ以外の事も楽しめる場所もあります。

どのような形で楽しむのかは人それぞれではありますが、人それぞれだからこそ何を目的とするのかを見据える事が大切なのです。
カップルと言っても様々です。
カップルによって優先順位は異なってくるのですから、その点もまた、しっかりと考慮すべきなのです。

 

ニュース
カップル温泉 人気
恋人とイチャイチャできる♪客室露天がある温泉宿【関東】

不動産に関する資格

不動産に関する資格には、国家・民間資格ともに多数存在します。それらの中から主な不動産関連の資格を紹介いたしましょう。

「宅地建物取引主任者」国家資格

不動産関連資格の中で最も有名な資格と言えるのがこの「宅地建物取引主任者」通称「宅建」です。不動産取引に関する法律問題についてアドバイスすることが宅地建物取引主任の仕事となります。

不動産会社など宅地建物取引業者は法令により「その事務所その他国土交通省令で定める場所ごとに、事務所等の規模、業務内容等を考慮して国土交通省令で定める数の成年者である専任の取引主任者を置かなければならない」と定められています。

また宅地建物取引主任者の業務は独占業務であり、有資格者でなければ行うことが出来ません。
これらのことから宅建は不動産関連に限らず資格全体で見ても人気の資格となっています。

「マンション管理士」国家資格

通称「マン管」と呼ばれるこの資格の制定は平成13年と、比較的新しく出来た資格です。
マンション管理士の業務は、分譲マンションの管理組合やマンションの住民の相談に応じ、管理組合の運営や管理について適正なアドバイスを行う、いうなればマンション管理のアドバイザーです。

類似の資格として「管理業務主任者」という国家資格もあります。こちらはマンションの管理を組合から委託されている管理会社の従業員として管理業務のマネージメントを行うことです。マン管と管理主任者は必要な知識が重複していること、互いの受検日が近いこともありマン管と管理主任者のW受検を行う受験者も少なくありません。

「シックハウス診断士補」民間資格

不動産関連の資格の中にはこのような資格もあります。「シックハウス診断士」はシックハウス症候群を理解し、室内の空気環境を測定し、その結果から適切なアドバイスを行う専門家です。近年、使用する接着剤などの化学物質を原因とするアレルギーである、シックハウス症候群が問題化していることからこのような資格が生まれました。

 

滋賀不動産 物件情報
滋賀の不動産(分譲住宅、仲介、新築一戸建て、マンション、土地)売買のセンチュリー21 タナカヤ