引越に必要なダンボール、不要なダンボール

・今って意外とダンボールの確保が大変

つい先日に引越がやっと終わりホッと胸をなでおろしております。
引越がきまってからの数カ月は毎日がホントどたばたした日々の連続でもう思い出したくもないほどです。
前回引越を行った際から比べると家族が2人増えた分引越荷物もぐぅんと増えたわけでして、自分がまずあくせく行ったのが梱包材になるダンボールの確保でございました。

大きなダンボールというとすぐに連想できるのが冷蔵庫やテレビなどを扱う家電量販店。
きっとお願いすればスグにダンボールなんか集まると思っていたのですが自分の見込みの甘さに後悔することに。
引越シーズンにはこうした家電量販店もお客様に優先的にこうしたダンボールを回すのが恒例になっているのかカンタンには貰えないのですよね。

また近年はテレビなどは薄型化されていることもあり、こうした細長いダンボールなどはもらっても引越の梱包には・・・使えないですよね。

引越しのダンボール

家電店に頼めばカンタンにダンボール確保ができると思い込んでいた目論見がカンタンに粉砕されてしまったために、日々ダンボールを溜めていく作戦に変更、スーパーでの買い物はできる限り箱売りをしているディスカウントストアを利用してダンボール集めを開始したのですが・・思ったよりも集まらない惨たんたる結果になりました。

・今までの苦労はなんだったの?というダンボールサービス

このことを主人に相談したところ「引越屋に頼めばダンボールはタダでくれるぞ」とのこと。
何でそれを早く言ってくれなかったのよ!と無知を棚にあげてプンスカ怒ってみる自分。

ダンボール収集は中止して次のステップである引越業者選定へ、今回は「勉強しまっせ!」の引っ越しのサカイを利用することに決定。
早速、これまでの懸念材料であったダンボールの件を営業の方にきいてみますと「どのぐらいご入り用ですか? 車に積んである分でしたら今すぐ置いていけますが」と即答をいただきました。

その営業の方が持ってきたのはパンダの描かれたカワイイダンボール、なにこれズルイ!「宮城沖産するめいか」みたいなダンボールは即日処分いたしました。

しかも足りない分はいくらでも無料でもってきてくれるとの事、さらに引越完了後には段ボールは回収してくれるサービスもあり至れり尽くせりじゃないですか。

あまりにダンボールがかわいいので1つぐらいは残しておいてもよかったかなと後悔しました。
段ボールが無料っていうのはもはや当たり前の世界だったのですね、無知っていうのはホントに罪。
ちなみにサカイ引越センターの営業さんの話ではこうしたサービスを日本で最初に始めたのがこの会社らしいということでした。

 

当サイトおすすめコンテンツ♩
喪中はがき

新築も様々な物件があります

世の中に不動産物件は多々ありますが、多くの人にとっての憧れと言えば言うまでも無く新築物件です。
新築物件の方が新しさもありますので、多くの人の憧れとなっているのもよく解る話です。

中古であってもマイホームはマイホームですが、「以前誰かが住んでいた」という事実と、「誰も使った事がない新鮮な家」とでは、やはり気持ちの面では違うものです。

ですが、「新築」と言っても様々な物件があります。
もちろん価格にも大きな差が出てくるものですので、どのような新築物件にするかは経済力はもちろんですが、自分自身の生活環境等まで勘案しなければならないのです。特に立地。これはとても大きいものです。

多くの人が「便利」と感じるような場所にある物件は当然高くなります。
人気があるのですから、高い価格であっても買い手が現れるのです。
ですが、不便な立地だったりですと、当然買い手がなかなか現れないですからどうしても価格を下げざるを得ません。

注目⇒山形 ショールームの紹介(エルボールームインタビュー)

駅から遠い場所ですとか、繁華街から遠い場所、都心から離れている場所。
これらの立地ですと、いくら新築物件と言えども安めに設定されているのです。
基本的に日本は東京に近ければ近い程地価は高くなります。

地方に於いても地方の繁華街や中心地に近い方が地価は高いのですが、近年では交通インフラの発達のおかげで新幹線停車駅の地価もそれなりに高くなっていたりするのです。

ですので、「新築が欲しい!」と思っても、ではどのような新築が欲しいのか。
ある程度自分自身でどのような新築が良いのかの条件を設定しておかなければならないのです。
お金を無尽蔵に使えるという人はそうそう居ません。

限られた予算の中でどのようにお金を捻出するのか。
この点まで含め、新築を購入すべきかどうかという事まで考慮しなければならないのです。
限られた予算の中での「ベスト」な選択肢を取るためには、何となく「新築が欲しい」ではなく、しっかりと情報収集する事が求められるのです。

 

ピックアップニュース
新築時の諸費用について – 新築一戸建て – 教えて!goo
プロに聞く!間取りの要望ベスト3-イエマガ